薬を包茎飲んだらすぐ寝ない

多くの人は夜寝る前またはベッドで服用する習慣がある人が、薬を飲んでからすぐ休むと,薬物の吸収を助けることができます.実は、薬はすぐ寝て、特に水水飲み量が少ない時,包茎、薬が食道にくっついて胃の中に入りにくくなって胃の中に入りにくくなります.一部の薬の腐食性が強い、食道に溶解した後、食道粘膜を腐食し,食道潰瘍を招いています.症状が軽い人は嚥下時に痛みを感じる、深刻な者は血管を傷つけて出血して出血することが可能です.そして、多くの薬性食道潰瘍患者は、近くで寝る前にカプセル類薬、抗生物質、風邪カプセルなどで発生した.正しい服薬方法は:薬を飲む時は座ったり立っていないで、薬を飲んだ後すぐに仰臥、ちょっと滯在ひととき、薬物の重力の作用を利用して自分自身を高速通過食道には食道の内に滯在を遅らせる薬の作用や損傷食道の粘膜.薬を服用する時、水を飲んで、一般的に温湯200ミリリットルから300ミリリットルまで入れて送って、最良の活動は6分6して寝る.また寝る前には降圧薬を服用してはいけません.さもなくば心は心の脳血管の合併症になりやすい.