男の包茎健康に影響する八大の悪習に影響を与える

悪習に悪弊て

悪習を悪弊.緊張して:

対さまざまな職業の4O00人についての一項のじゅう年の実証を研究して、心臓病が主に緊張し.専門家は、1人で生活が緊張している時、高血圧症になりやすいと思います.人々の遭遇する緊張は主に2種類がある:環境上のと心理上の.良好な人間関係を発展さ、必要な心配を取り除くことができる.緊張する心理は叡智の思惟と生物のフィードバックと.叡智の思惟は緊張と多くの後遺症を減らすことができて、頭痛、不眠、高血圧.

悪習に悪弊て

悪習を悪弊.薬物乱用:

濫用薬物乱用は不当かつ無理由に化学品を服用し、その結果、自殺と意外に中毒するという結果となっている.意外な中毒事件の原因で、児童は化学品を呑み込むて最多としている.健康な人は、丸薬に頼って、彼らのいろいろな問題を解決してきた.

悪習に悪いと

3.暴食:、<暴食暴食暴食暴食暴食暴食暴食暴食暴食暴食暴食暴食暴食は肥満の主な原因として、多くの疾病の緻で、高血圧、糖尿病と心臓血管疾病疾病を含む.

悪習が4に悪習に悪弊.運動:過度運動:運動:運動、運動:,<適度な運動は医師の一緻の提案を多くの医師に一緻.ある人は50歳になってから、運動を始めて、適量にいくつかの欠点を引き起こすようになって.専門家のアドバイス、ベストな運動は双の快適な靴を履きます半時間散歩します、それはあなたの筋肉を強化することができて、あなたの動悸が加速して、そしてあなたの呼吸が順調にできます.もちろん、適切な運動に欠けて、慢性疾病、呼吸困難、消化不良、頭痛、腰痛、憂慮、筋肉の虚弱と萎縮、老化、老化.

悪習五に悪習を悪弊.体に気をつけないの警号:

人はよく病院で検査して、しかし、何か部位の機能があって、大きな病気になって病院に行くことがあるという人もいる.あなたは特別注意大便や小便の変化、救いのない喉の痛み、異常出血や便秘、いかなる部位の塊が、消化不良や嚥下困難,腫瘍の著しい変化、咳き込む声が嗄れ.あなたはどのようにすることができることを知っています.

悪習6に悪習を悪弊.任意割込み治療:

p主観の自己診断が2種類の不良の結果になると、病気と病状を見くびるとする.ある人は一生に一度病気に行くことができないかもしれないが,包茎、治癒する病気の危険があるという人もいる.さまざまな症状を軽視することは健康の児戯.任意で薬物治療を中止してよく病気を再発させる.

悪弊七に悪弊.節食やベジタリアン:

は、すべての流行のダイエット節食は、健康の潜在的な潜在的な危険性があります.

悪習に悪弊
.発ガン発ガンの物:

人々は多くの発ガンの微粒子を吸い込んで、敏感になることができます