棚卸は女の包茎短命の六種類の生活方式を仮初させて

女にもっと健康に、女性に健康に影響しては?実は女も男も、日常生活において生活の質に注意して、健康な生活習慣を傷つけないように,健康に生活して、健康で生活することができます.普段、女性の友達は以下の6つの損害の健康な生活習慣に注意しなければならない.

P1、無保護性行為

あなたはとても意識した情況の下で伝染性性病感染症に感染することが可能にして、あなたはとても意識したことがありません.専門家は、約75%の女性はいかなる携帯クラミジアが、臨床症状、しかも大多数が淋病の女性だけ表現軽症、例えば小便悪いや膣黄色の液体の流出、思えない自分を治療する必要があり、無保護性行為がこれらの感染から男性.

また、80 %は性器ヘルペスの男性患者も明らかにならないように痛みなど臨床症状が現れないということです.もっと深く研究し発見は,ガンダムの75%を受け人男性と乳突骨腫ウイルス(HPV)からは、現在最も一般的な伝染症.これは通常、明らかに症状がないが、治療によると、女性に伝染し、子宮頸がんの発生につながる.

もしあなたは定期的に体の習慣を検査しなかったら、今日から自分でこの点を自分にやり遂げるべきだと要求するべきです.医師、あなたは自分の性の面の状況を,包茎、誠の布で言うことは必要です.慢性疾病は慢性疾病で、使用する薬物は病状の発展を制御することができて、痛みと伝染を免れます.

Pは性生活、女性たちが熱中しているダイエットが、何度も繰り返し繰り返して短命につながるということです.

p2、繰り返しダイエット

医学界は過去に繰り返しダイエットを繰り返して、筋肉の密度が低下して、甚だしきに至っては急死して、しかし深く研究して上述の結論に対してすでに否定的であることを否定する.でもダイエットを繰り返す、体重増加に健康影響にも楽観を許さない.近ごろはワシントン医学センターの研究では、何度も繰り返してダイエットを繰り返して、人体に長く免疫力が低下していることが表示されます.まだ具体的な原因はあるものの、研究者は細胞活力と抗対抗風邪、感染と早期がん細胞の能力を低下させることを発見したという.

救済方法についての体重は規準を超えた人にとって、体重を軽減4.5キロを高血圧や糖尿病の発病率は、余分な脂肪を減らして当然を引っ張って身の贅肉をより健康があか抜けて、鍵はどのように自分のダイエットの成果の防衛.まず、肥満の原因を舎てなければならない、過去の不健康な生活方式と習慣を実際の行動によって,シアリスED治療対策医薬品の個人輸入;そして、栄養学者の提案を受け入れる能力自分の科学をダイエットし、楽しくダイエット―は食べ過ぎを控え、また必ず毎日人体に必要で各種類の栄養摂取.再び、定期運動は体の圧力を軽減することができます脂肪燃焼を促進することができて、ダイエットする効果はもっと大きくて、もっと長くて.最後に、どんな良いダイエット方法もダイエット者が根気よく根気よくない根気を必要とすることを必要とします.