女は寝て包茎いないで自分に傷を傷つけないで

p人の一生で3分の1時間は睡眠中で過ごすことだから、寝る時の習慣は良くない、体の危害に対して非常に大きい.特に以下のように慣れて、女にとって、絶対禁止すべきだと.

p1、寝る前に怒られている

寝る前に怒りがあいまって、動悸が速く、唿吸う歯がゆい思い巡らすすぎて、眠れない.

p2、寝る前にPは寝る前に食べて、胃腸は消化を強化し、食べ物の胃にも刺激的に脳を刺激します.脳は興奮点がある、人はエンロンとしない,漢方医に胃と不和、臥、臥.

P3、寝る前に飲茶

p茶葉にはカフェインなどが含まれ、中枢神経が刺激され、寝る前にお茶を飲んで、特に渋茶、中枢神経がもっと興奮し,寝つく.

4、激しい運動

は、脳に筋肉をコントロールする神経細胞が非常に強い興奮状態になりますので、短い時間で落ち着いてはいけない、人はすぐに寝てはいけない.だから、寝る前に体を静かに保つべきだとしても、軽い活動、散歩などもしてはならない.

p5、枕が高すぎて

は生理的角度から、枕は8~12センチが適当で.低すぎてもたらしやすい寝違える、或いは流入頭の血液が多すぎて、翌日に頭が膨らむ、まぶたのむくみ、高、影響を唿道開通、易打唿言っといて、そして長期高枕しやすく、首、悪いや猫背.

女:女は六種類のものを、ベッドに入ると,包茎、太りやすい

というのは、女性に注意する.

後ろの内容は更にすばらしい:寝るときに手を枕于の頭の下にり、血行に影響を引き起こして、上肢の感覚が麻痺するほか、使い易い腹部に圧力が高まるため、そのうちにまた逆流性食道炎の発生.だから、寝る時は両手を枕にしないで.

6、枕は寝て

として寝てp>眠る時は枕于<両手の頭の下にり、血行に影響を引き起こして、上肢の感覚が麻痺するほか、使い易い腹部に圧力が高まるため、そのうちにまた逆流性食道炎の発生.だから、寝る時は両手を枕にしないで.

ななしち、布団か

p>で覆面<起きやすい唿吸う困難;同時に、自分唿吸い込むの二酸化炭素が、非常に健康に.幼児はもっとそうではないと、窒息の危険がある.

P8、口呼吸

口夜臥は保養の元気の最良の方法で、口を開け唿だけではなく、ほこりを吸い込んで、しかもきわめて容易気管肺やリブ、寒冷刺激を受ける.最高の鼻を妨げることができ唿、鼻毛部分にほこり、鼻腔に冷たい空気を吸い込む加温ヘルシー.

9、風に向かって寝て

と、風に寝て

睡眠時には環に対して