包茎とセックスの関係性とは

仮性でも真性でも気になる包茎とセックスの関係
早漏になってしまう
普段から刺激されないため、早漏にいざ刺激があった時に長持ちしません。
それ以外にも、成長が阻害されるなど男性器の機能は全面的に弱くなるため、手術を考える人も少なくないようです。
仮性包茎の機能面でのデメリットで一番大きなものは、早漏になりやすいことです。
普段から亀頭が皮(包皮)で保護されてしまっている分、刺激に対して弱くなってしまいがちです。
亀頭が包皮におおわれていて、常日頃の亀頭への刺激が少ないからです。
亀頭が鍛えられていないんです。
ですから、いざ女性とセックスするとビンカンな亀頭が反応しちゃってすぐにイってしまう。
女性を満足させることができないと言うわけです

不潔になりやすい
真性包茎はもちろん、仮性でも包茎だと不潔になりやすいです。
その結果、臭さで嫌がられたり、性病になるリスクもアップします。
性病にかかってしまうことはもちろん最悪ですが、セックス時のデメリットはそれ以下の症状の時にもおこります。それは匂いと恥垢です。くさいペニスは嫌われます。当たりまえです。女性はペニスを口にふくむこともしますから、その時にペニスがくさいとそれだけでそのセックスは興ざめです。
医学的な包茎手術の一般的意義は、衛生面です。包茎の状態は包皮内に尿や垢(あか)、汗などを溜め込み、それらが体温で暖められ雑菌が繁殖しやすい環境にあります。そのため前述した尿道炎や亀頭炎、包皮炎(進行すると包皮糜爛(びらん)、包皮拘縮(※包皮の状態参照)などの諸症状を誘発する場合があり、ご自身が不快や痛い思いをするだけでなく、不衛生な状態のままSEXを行うと、女性器に悪影響を与え、女性器の病気(症状)が現れることもあります。

セックス中に痛みが。。。
真性包茎は亀頭と皮が癒着しているため、剥こうとすると痛みが発生します。
そのままセックスをすると摩擦で無理矢理剝けそうになってしまい痛みが、なんてことも。
それを気にして動きが弱くなるという二次的なデメリットも発生します。
真性包茎は勃起時も包皮を剥くことができず、無理に剥こうとすると、包皮に激痛が走ります。
そのため、挿入時にピストン運動によって包皮が剥けようとする際に、痛みが気になってセックスに集中できなくなることがあります。
真性包茎の状態でも実行することは可能ですし、子供を作ることも可能です。ただし実行時に痛みが伴ったり、射精をしても子宮口まで静止が勢い良く届きにくいというハンデが考えられます