冬の包茎スキンケアのトップクラスの冬のスキンケアの8大の秘訣

寒い冬、肌の十重二十重の試練に直面して、それをどう守って私達の肌、それから様々なダメージ?使用正しいスキンケア方法は避けなければならない時、スキンケア落とし穴はどれらがありますか?今日小編紹介で専門家の推薦の8つの冬季スキンケアする小さい秘訣は、アマチュアのあなたの冬が肌のすみずみに滑らかな!

Pの空気を抱きしめて

にワシントンの皮膚の専門家Noelle S . Sherberにとって、定期的に参加するソウルCycle課程彼女を手伝う冬を乗り切るだけではなく、一セットの開催から汗の有酸素運動.私の肌は温もり、湿った空気に水があると持続しているのだから.Sherberに言うが、君が必要に濡れた利点が完全に変身フィットネス狂:入浴時閉めドアをタオルで必死に浴室が浴室ドアや床の間の隙間をも濡れた環境を創造することができて.バスルーム扉,包茎、エモリエントクリーム、塗布、一部の水分をあなたの肌にロックできます.Sherber提案した.

Pは加湿器を使って、防腐剤を離れて

モンテクレアの皮膚の専門家Paul Jarrod Frank毎年じゅう月から翌年ご月も家の中では加湿器を使用する.これらのコンパクトで効率的な機械をあなたの肌、髪も爪水分」とDownie.天気が寒くなる月には、手で防腐剤を使用することを避け、これらの防腐剤が手に脱水し、皮膚のかゆみ、発疹が現れます.彼女は伝統的な方式で手洗い,毎日少なくとも3度塗りの手クリームを塗って.

Pは洗顔洗顔乳

を使用して冬の厳しい

を知って,彼女の技巧の一つは、入浴する時の穏やかなCeraVe清潔乳の代わりに石鹸.これはセラミドセラミド、肌の天然潤い因子を保つために、皮膚抵抗力を増強.一方、石鹸には通常は清潔剤、アルコールやフレグランス、石鹸を使って入浴して、皮膚の会長の時間は痒いを感じる.

入浴後、すぐにNeoCutisジェイコブ博士で体の液体の体に潤いを与え、水分を吸収して.

pは屋外でゴマ油を使用している

ニューヨーク皮膚学者Paul Jarrod Frankアウトドア活動や運動に参加して、肌の上に薄く塗って、身を切るような低温と風を防ぐ――彼に反映して、この製品は男性のすべての皮膚の及びその適用(特にやすいニキビの膚種).パック吸収できるが、軟膏皮膚表層層保護を殘し、Frank博士と説明し、今度雪や地すべりで冒険、覚えている持ち歩いて一瓶.

あなたのスキンケア用品

に相応する調整して、あなたのスキンケア用品

を調整する

はアルコールとアロマのスキンケアを含んで、皮膚が悪くなって、ますます乾燥しています.気温が零度以下に下がると.Downieは二度とさせる」